路線概要

Introduction

 千日前線(大阪市高速鉄道5号線)は東西に軸を持ち,福島区の野田阪神から南に進み,浪速区の桜川から東に折れて,生野区の小路から再び南に折れ南巽に至ります.
 南巽からは弥刀までの延伸計画(4.2km)がありますが,採算性が悪すぎるのか,計画の進展が全く見られません.
 路線名の由来はミナミの繁華街に近い千日前通からなり,ラインカラーはネオンが輝く繁華街をイメージしたピンク(チェリーローズ)です.
 近鉄と並行していて利用客数が少ないため,短い4両編成で運転しているものの,都心部では乗り換えもあり車内が混雑することも少なくありません.
 大阪市営地下鉄では,初めてLCDの接近案内表示機が設置され,全駅共通のデザインのものが使用されています.
 その後,LCDの接近案内表示機は2006年に今里筋線(千日前線同様全駅共通のデザイン),2007年に中央線(地上駅と地下駅で異なるデザイン)に導入されました.( 2018年01月07日 現在)


路線データ
Route-Data
営業区間
Section
野田阪神(S11)〜南 巽(S24)
Nodahanshin(S11)〜Minami-Tatsumi(S24)
路線距離[km]
Line-Distance
12.6
営業距離[km]
Service-Distance
13.1
駅 数[駅]
Stations
14
駅間路線平均距離[km]
Average-Line-Distance
0.969
駅間営業平均距離[km]
Average-Service-Distance
1.008
相互直通区間
Through Trains

なし
None

使用車両
Cars
在籍車両数[両×編成=連]
Number of Cars
在籍率[%]
Enrollment Rate

4×17=68
100
在籍車両数[両×編成=連]
Number of Cars
4×17=68
車両管理
Depots
森之宮検車場・今里車庫
Morinomiya・Imazato
軌 間[mm]
Gauge
1435
電圧(直流)[V]
Voltage
750
集電方式
Charging
第三軌条
Third Rail
信号保安
Signal
車内信号ATC・CTC
Cab Signal
車内案内表示装置
設置率[%]
Infomation System
LED:100
混雑率[%]
Crowded Rate
方 向
Destination
混雑区間
Section
混雑率[%]
Crowded Rate
野田阪神
Nodahanshin
鶴 橋(S19)→谷町九丁目(S18)
Tsuruhashi(S19)→Tanimachi 9-chome(S18)
100.7
南 巽
Minami-Tatsumi
鶴 橋(S19)→今里(S20)
Tsuruhashi(S19)→Imazato(S20)
57.0
平 均
Average
78.85

経営状況
Management Condition
内容
Content
数値
Value
大阪市内順位
Position in Osaka
日本国内順位
Position in Japan
経常収益[円]
Ordinary Profit
69億4500万
7位 / 9路線
調査中
経常費用[円]
Ordinary Expense
103億4200万
7位 / 9路線
調査中
経常収支差[円]
Ordinary Balance
-33億9700万
7位 / 9路線
調査中
営業収益[円]
Operating Profit
68億800万
7位 / 9路線
調査中
営業費用[円]
Operating Expense
93億1300万
6位 / 9路線
調査中
営業収支差[円]
Operating Balance
-25億500万
7位 / 9路線
調査中
営業係数
Operating Coefficient
135.4
6位 / 9路線
調査中
輸送人員[人]
Population of Transporting
181238
6位 / 9路線
調査中