制御装置
Control System

01〜07F:GTO-VVVF制御
Formation 01~07:Gate Turn Off thyristor-Variable Voltage Variable Frequency Control

08〜18F:IGBT-VVVF制御
Formation 08~18:Insulated Gate Bipolar Transistor-Variable Voltage Variable Frequency Control

車体構造
Frame Structure
アルミニウム合金製
Made of Aluminum Alloy
集電方法
Charging Method
架空線式
Overhead-Wire
電圧[V]
Voltage
1500
モータ出力[kW]
Output of a Motor
130
全体出力[kW×台×両=kW]
Total Power
130×4×4=2080
台車
The Railway Truck
FS393
加速度[km/(h・s)]
Acceleration
3.3
最高速度[km/h]
Top Speed
90
駆動方式
Driving Method
WN平行カルダン駆動
Westinghouse-Natal Drive
歯車比
The Ratio of Gears
98:15
先頭車の定員 / 座席定員[名]
Capacity of a Front Car
140 / 48
中間車の定員 / 座席定員[名]
Capacity of a Middle Car
150 / 55
先頭車の車体長[mm]
Length of a Front Car
19000
中間車の車体長[mm]
Length of a Middle Car
19000
車体幅[mm]
Width of Cars
2790
車体高[mm]
Height of Cars
4010
全長[mm]
Total Length
114000
総重量[t]
Total Weight
188.0
車内案内表示装置
Information System
なし
在籍数[両×編成=連]
Enrollment Number
6×18=108

概要

外観
Exterior
車内
Interior

 1977年の神戸市営地下鉄開業に合わせて登場し,その翌年にローレル賞を受賞した西神・山手線の顔,それが1000形です.
 抵抗制御車が主流である中,全車に自動可変界磁形の電機子チョッパ制御と回生ブレーキを採用した上,日本の地下鉄として初めて冷房装置を装備した1000形は,当時の最新技術が遺憾なく発揮された高性能省エネ車両として新造されました.
 1997年から制御装置の更新(チョッパ制御からVVVFインバータ制御への換装)や主電動機の交流化が行われ,2012年に完了しました.( 2018年02月22日 現在)


装備

方向幕
Rollsigns
冷房装置
Cooler Cover
転落防止装置
Guard Screen
運転台
Motorman's Cab
放送装置
Broadcasting Unit
車掌スイッチ
Conducting Switch
非常通報器
Intercom Unit
車椅子スペース
Space for Wheelchair
優先座席
Priority Seat

主要諸元

車両概要 形式 1100 1200 1300 1400 1500 1600
車種 Mc2 M1 T T' M1' Mc2
号車
1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車
重量[t] 32.0 32.0 30.0 30.0 32.0 32.0
制御装置 装備  
形式 ??製GTO:調査中です…お待ち下さい.by Blade-2604(01〜07F)
??製IGBT:調査中です…お待ち下さい.by Blade-2604(08〜18F)
主電動機  
電動空気圧縮機
電動発電機
集電装置
● 
 ●
  
 ●
  
  
 
●  
  
●  
  ●
コメント  

編成一覧

#
画像

車両組合せ
()内は竣工年月日から除く

西神中央 
Seishin-Chuo 

 新神戸
 Shin-Kobe
メーカー
竣工
増結用(1300形)
増結用(1400形)
リニューアル改造
コメント
車号 メーカー 竣工 車号 メーカー 竣工 メーカー 竣工
01
1101-1201-(1301-1401)-1501-1601 川崎重工 1976.02 1301 川崎重工 1983.03 1401 川崎重工 1989.11 川崎重工 1998.03

 

02
1102-1202-(1302-1402)-1502-1602 1976.07 1302 1402 1989.12 1999.04  
03
1103-1203-(1303-1403)-1503-1603 1303 1403 1989.11 2000.03
04
1104-1204-(1304-1404)-1504-1604 1304 1404 2003.03
05
1105-1205-(1305-1405)-1505-1605 1305 1405 1989.12 2002.03
06
1106-1206-(1306-1406)-1506-1606 1306 1406 1989.11 2001.03
07
1107-1207-(1307-1407)-1507-1607 1981.03 1307 1407 2004.03
08 1108-1208-(1308-1408)-1508-1608 1308 1408 2005.02  
09
1109-1209-1309-(1409)-1509-1609 1983.02 5両編成で竣工 1409 1989.12 2006.01  
10
1110-1210-1310-(1410)-1510-1610 1410 2007.03  
11
1111-1211-1311-(1411)-1511-1611 1411 2007.01  
12
1112-1212-1312-(1412)-1512-1612 1985.04 1412 2010.01  
13
1113-1213-1313-(1413)-1513-1613 1413 2008.03  
14
1114-1214-1314-(1414)-1514-1614 1985.05 1414 2009.02  
15
1115-1215-1315-(1415)-1515-1615 1415 1990.01 2011.02  
16
1116-1216-1316-(1416)-1516-1616 1987.02 1416 2011.01  
17
1117-1217-1317-(1417)-1517-1617 1417 2012.12  
18 1118-1218-1318-(1418)-1518-1618 1418 2012.02